Facebook Twitter
cardtivity.com

鬼ごっこ: 合意

合意 でタグ付けされた記事

書面で合意を得る時期を知る

投稿日: 7月 22, 2023、投稿者: Michael Smith
多くの人々は、紙の上で何らかの合意を得ることが常に不可欠であると信じていますが、言葉による合意が合法で有効なケースを見つけることができます。 ただし、書面による合意が不可欠であるか、最低でも役立つ多くの場合、これはどの状況がどのような形態の合意を要求するかを学ぶことをお勧めします。 | - |契約が書面である必要がある場合に決定するための一般的なガイドラインは、契約の種類によって異なります。 たとえば、組織に関連する契約、たとえば家や契約作業などの大規模な個人資産は、契約で紙に記載され、拘束力のあるものになるはずです。 ただし、少量の財政的リスクを伴う、家族の間であるか、日常業務では必要ない契約は口頭で契約できます。 | - |ただし、口頭での合意の欠点は、実施するのが難しい可能性があるという事実かもしれません。 たとえば、あなたがあなたの兄弟を50ドル貸して、彼が口頭であなたを3週間にカバーすることに同意した場合、3週間は返済せずに行き来することに同意します。本当にあなたのお金を取り戻すことは難しいかもしれません。 署名された書面による合意がなければ、あなたの兄弟は、彼が1か月であなたを返済すると言った、またはさらに悪いことに、彼は金額の金額が資金調達ではなく特別なものを主張することができると宣言することができました。 この種の状況では、兄弟と一緒にすべてのコミュニケーションを止めることを除いて、あなたが取ることができる法的措置を本当に見つけることができません。 あなたはあなたの兄弟を訴えようとすることができますが、訴訟はあなたの元の$ 50よりもはるかにあなたにあなたに費用がかかることに気付くか、あなたは彼があなたを隠す余裕がないので、あなたは訴訟に勝ち、そして判決を却下することができます。 | - |口頭での合意のもう1つの欠点は、契約に不可欠なすべての詳細を網羅していないことが多いことです。 たとえば、あなたはあなたの家からパートタイムで仲間に木彫りを販売するために作成して同意することができます。 書面による合意がなければ、後で問題に直面していることに気付くかもしれません。 たとえば、彼は物事が売れていないと判断し、以前に作ったものに対してあなたにお金を払わないかもしれません。 ただし、口頭でコストに同意し、配達後に友人が少量をカバーすることを期待することができます。 いずれにせよ、契約のために考えられるすべての選択肢を綴る書面による契約を結ぶことは、当事者の権利と利益の両方を保護します。 | - |通常、一部の契約が書面による契約を必要としないように、一部の契約は、あなたとあなたも害から完全に保護するために法的に拘束力があるために紙に載っているべきです。 これらの種類の契約には、通常、財産またはその他の高価な材料の所有物の販売、サービスの提供の概要を示す契約の実質的なレベルの融資が含まれます。 | - |個人は一般にほとんどの契約を記事を付けることができますが、ほとんどの場合、あなたの組織に関連する契約書、または多額の金額または契約サービスに関する契約を起草するために、ほとんどの場合ははるかにはるかに良い弁護士を雇います。 最終的に訴訟費用を回避するために契約を書きたい場合でも、弁護士に支払うことで、膨大な1ドルを節約できます。 別の当事者が契約を作成した場合、契約に署名する前に契約を確認するために弁護士を雇うことをお勧めします。 弁護士を探しているときは、ビジネス契約の運営経験がある、または法的ビジネスの問題に焦点を当てたものに連絡することがお勧めします。 | - |...

補償請求の長所と短所

投稿日: 六月 3, 2023、投稿者: Michael Smith
主張文化も到着しました。 ドアのキャンバスとテレセールは、人身傷害の請求のために絶えずノックし、鳴り響きます。 おそらくあなたは人身傷害を受けたことがありますか? おそらくあなたは過去3年以内に大きな事故を起こしたのでしょうか? それは弾道的で、新しい会社が進化し、あなたに対抗できる場所に新しいトリックが到着しました。 利点と短所...

機密保持契約でビジネスを保護

投稿日: 10月 10, 2021、投稿者: Michael Smith
すべてのビジネスは、独立した請負業者、ベンダー、その他の会社を扱う際に独自の情報を保護する必要があります。 それを行う最良の方法は、「NDA」としてしばしば知られている非開示契約を使用することです。 ndaとは何ですか? An NDAは、ビジネストランザクションで開示された機密情報を保護するための2つの当事者間の合意です。 独自の情報には、ビジネス手順、資金調達、顧客リスト、およびパブリックアリーナでまだ容易に入手できないものが含まれます。 当事者がNDAに違反した場合、負傷した当事者は損害賠償、さらなる開示、弁護士費用に対する差し止め命令を訴えることができます。 方向NDA ほとんどの状況では、NDAによって与えられる保護が必要です。 新しいアイテムを発明する場合、製品について一緒に話す前に、プロデューサー、ベンダーなどからのNDAが必要になる可能性があります。 これは常識のように見えるかもしれませんが、ほとんどの企業は日常の活動にアイデアを伝えていません。 実際にはすべての企業が独立した請負業者を雇用していますが、建設業者に情報を開示する前にNDAを取得することはめったにありません。 例として、サードパーティを使用してサイトを作成または維持していますか? それらのいくつかからNDAを入手できますか? そうでない場合、そのパーティーが他のWebサイトでビジネス方法を使用しないようにするものは何ですか? 方向性のNDAは、これが起こらないようにすることができます。 相互nda タイトルが示唆するように、相互のNDAは2つの関係者が機密情報を保護することを可能にします。 相互のNDAは、通常、2社が合弁事業を交渉している場合に使用されます。 各当事者は、交渉を実行可能にするのに十分な情報を開示する必要がありますが、交渉が失敗した場合、その情報が公開されたいと考えています。 交渉がうまくいかない場合、さらなる非公開情報が合弁事業の取り決めに統合され、合弁事業中に明らかにされた追加情報を保護します。 nda アラートと警告灯に署名することを拒否すると、当事者があなたのNDAに署名することを拒否した場合、警告灯は消えるはずです。 彼らが拒否の非常に説得力のある理由を提供できない限り、あなたは会社の関係から離れる必要があります。 ndaが実際にはndaではないか レコードに「非開示契約」というタイトルがあるからといって、それがあなたに提供するという意味ではありません 保護。 レコードはすべての機密性の権利を放棄していることを確立する可能性があるため、常にNDAの言語を読む必要があります。 免除は非常に直接的であり、「本契約に基づく情報の開示は機密と見なされない」と読むことができます。 代わりに、言語はより間接的で読むかもしれません。「当事者は、本契約に従って交換されたすべての情報が公開フォーラムで確立されていることを認め、同意します。 逆ndas「あなたにセキュリティを剥奪し、署名すべきではありません。 非開示契約を取得することは、組織の標準的な慣行であるはずです。保護なしの他の人々に独自のビジネス秘密を露出しないでください。...